調剤薬局の開業や経営支援を実現する企業のマッチング力

全国には経営不振や承継者問題、薬剤師不足などで悩んでいる小規模調剤薬局が多数存在しています。一方で新しい薬局を開業したい大手薬局会社の中にはM&Aなどで事業譲渡を求めるところも増えています。事業を譲渡したい小規模薬局と、既存薬局を確保したい大手薬局会社の間を取り持って、双方の経営支援を高い満足度で実現するパートナー事業を展開する専門企業のマッチング力は頼りになります。薬局のマッチングを得意とする専門企業は三つの武器を持っています。第1に薬局運営や医療全般の深い知識や最新情報を有しているので、小規模薬局と大手薬局会社の双方のニーズに柔軟に応えることができます。第2に譲渡を希望している小規模薬局の詳細情報と、既存薬局の積極的な譲受戦略で規模を拡大したい大手薬局会社情報を全国ベースで管理するネットワークを持っていることです。第3に薬局業界にとって重要な問題である調剤報酬改定や、業界の態様変動に関する情報収集能力に長けており、最適の開業マッチング能力を発揮できることです。

多様なパターンがある開業マッチング

小規模な調剤薬局が、大手薬局会社に事業を譲渡する理由はさまざまです。長年頑張ってきた薬局を手放す以上、経営者の理念や譲渡目的に合致した譲受薬局会社を紹介してもらいたいと考えるでしょう。双方が納得いく形で、新規開業マッチングを果たすのが専門サポート企業の腕の見せ所です。経営は順調だったが突然薬剤師が退職してしまい、求人も思うようにいかずに立ち往生しているようなケースでは、その薬局が開業している地方への配属が可能な薬剤師を抱えている大手薬局会社がマッチします。あるいは、その薬局がある地方で開業したいが情報を持たない薬剤師を対象に事業承継する環境を整えるというマッチングもあります。経営者の高齢化や健康状態、あるいは親族に跡を継ぐ人材がいないといったさまざまなパターンがあるので、豊富な情報と多様な提案力を持つ仲介企業の存在は大きく、薬局業界全体の経営支援に貢献しています。

開業志向の薬剤師にも利便性が高いサポート企業

小規模の薬局は近年厳しい経営環境に立たされているケースが増えています。一方で、そんな環境でも調剤薬局を新規に開業したいと考えている薬剤師資格保有者は案外多いです。ただおおむね共通する悩みがあります。住民が多くてしかも転居が少ないといった立地がよい物件は大手が押さえているので理想とする出店場所が見つからないという悩みです。資金調達の手段がわからないとか、資金はあるが薬局の経営ノウハウを持たないといった悩みです。また、提携するべき医療機関とのコンタクト手段を持たないという弱点もあります。こうした点をクリアしないまま開業しても経営リスクは高くなります。こうした開業意欲はあるものの実現へのロードマップが描けない層がビジネスパートナーとして選ぶべきなのが、薬局業界に精通し、全国的な物件情報ネットワークを持っている専門企業です。きめ細かな分析と豊富な物件情報の精査によって、新規開業を実現するマッチング能力を発揮するのがビジネスの柱ですが、こうしたマッチングも重要な経営支援であり、結果として薬局業界全体の活性化にも寄与します。

ピックアップ記事

M&Aの実現も調剤薬局の重要な経営支援

事業体の吸収合併や事業譲渡といったM&Aは調剤薬局業界では以前から多く見られました。その理由は譲渡する側も譲受する側も、得のある良好な関係が作りやすいからです。個人商店的な小規模薬局のオーナー...

調剤薬局への経営支援は承継問題も重要

中小の建設会社や小規模スーパーなどの経営者が、自分が引退した後は身内に事業を引き継がせる例はいくらでもあります。しかし同じように中小規模が多い調剤薬局の場合は子供に跡を継がせるのが難しいことが多い事情...

調剤薬局への経営支援の柱の一つは薬剤師の採用

国家資格の薬剤師は年々増加しており、厚生労働省が統計化した2014年の薬局および医療施設に従事する薬剤師は総数で21万6077人に達しています。薬剤師の資格を持ちながら、薬局や医療施設以外で働いたり、...


コンテンツ

カテゴリー