プロ企業による調剤薬局経営支援が必要な現状と背景

都市部ではいたる所で調剤薬局を見かけます。国内の調剤薬局の多くは1店舗経営、せいぜい数店舗経営の個人薬局が大半です。マーケットリーダーがいない特殊な市場が形成されたのは理由があります。1980年代から1990年代にかけて、現在の厚生労働省が音頭を取った医薬分業が始まったのがスタートです。診察と薬の処方は医師が行い、処方箋に基づいた調剤、薬歴管理などは独立した薬剤師が行う分業体制が加速しました。この分離政策で一気に新規調剤薬局の開業が増大しました。しかし数十年が経過する中で多くの問題が露呈してきました。薬局数の増大に伴う利潤競争の激化、経営者の高齢化と後継者難、薬剤師の決定的な員数不足です。こうした現状から苦境を脱却したい小規模薬局の経営支援や、閉局したい個人経営者と新規開業したい層との理想的なマッチングができるシステムの需要が高まり、友好的M&Aをはじめとした薬局ビジネスをサポートする企業が活躍する時代になっています。

閉局の主因となる薬剤師不足と後継者難

経営的には黒字なのに、閉局に追い込まれる小規模調剤薬局は意外と多くみられます。その主な理由は薬剤師の不足と、高齢経営者の親族内承継が難しくなっていることです。薬剤師の絶対数は増えているのですが、それでは追いつかないペースで新規開業する薬局が増えています。また薬剤師を必要とするようになったドラッグストア業界の急成長によって、小規模薬局から転職する薬剤師が多く、求人もままならない現状があります。また子供などの親族内承継が困難になっています。昔のように親の仕事を引き継ぐという感覚が希薄になっている時代背景や、薬剤師として薬局を承継するには国家試験に合格する必要があるという大きな壁があります。しかし地域に根差した薬局は住民にとって不可欠の存在ですから、小規模薬局を経営支援する専門企業の存在は貴重です。また吸収合併などによって薬局を別の形で存続させることは社会的要請でもあります。譲渡した側は社会的責任を果たせますし一定の収益も出ます。承継した大手会社は、事業を拡大できます。この仲介役を担う専門企業のマンパワーは、今後の医薬業界にとって必要な存在です。

譲渡側も譲受側も満足し地域に貢献するプロ集団の重要性

経営に問題を抱える小規模な調剤薬局と、スピーディーかつ合理的に新規薬局の増大を図りたい大手薬局会社を取り持つ役割を担うのが、医療や薬剤業界に精通し多くの物件情報データベースを構築しているプロ企業です。事業譲渡したい小規模薬局にとってはM&Aなどで合理的な事業譲渡の手続きを引き受けてくれる専門企業はありがたい存在です。全国規模の企業情報を持っているので、譲渡したい側が希望する条件に見合う譲受候補を見つけてくれます。これは個人経営者では不可能なことです。譲受側にとってもメリットが大きいです。一から新たな店舗用の土地を探したり、経営的に成り立つのかというリサーチをしたりする手間が省けますし、薬剤師がその薬局で働いているならそのまま雇用することで要員確保も解決できます。譲渡側、譲受側の双方にメリットが生まれます。さらに地域に不可欠のなじみ深い薬局の消滅を回避できれば、地域に貢献することにもなります。多くの問題を抱える薬局ビジネスを合理的な形で維持拡大していく上で、こうした薬局の経営支援能力や開業マッチング能力を持つ専門企業の存在はますます重要度を増します。

日本全国どこの事業所でも、医療・介護・福祉業界のM&Aのお話であれば、ご相談ください。 売却・買収のお問い合わせ・ご相談を無料でご提供。 会社設立約2年で調剤薬局M&A年間成約件数日本No.1を獲得した、確かな実力をご提供します。 企業・事業価値算定のご依頼・ご相談無料で承ります。 報酬改定や業界再編の情報など、業界特化しているからこその情報網を活かしたM&A仲介。 実績多数|調剤薬局の経営支援ならCBパートナーズ

ピックアップ記事

M&Aの実現も調剤薬局の重要な経営支援

事業体の吸収合併や事業譲渡といったM&Aは調剤薬局業界では以前から多く見られました。その理由は譲渡する側も譲受する側も、得のある良好な関係が作りやすいからです。個人商店的な小規模薬局のオーナー...

調剤薬局への経営支援は承継問題も重要

中小の建設会社や小規模スーパーなどの経営者が、自分が引退した後は身内に事業を引き継がせる例はいくらでもあります。しかし同じように中小規模が多い調剤薬局の場合は子供に跡を継がせるのが難しいことが多い事情...

調剤薬局への経営支援の柱の一つは薬剤師の採用

国家資格の薬剤師は年々増加しており、厚生労働省が統計化した2014年の薬局および医療施設に従事する薬剤師は総数で21万6077人に達しています。薬剤師の資格を持ちながら、薬局や医療施設以外で働いたり、...


コンテンツ

カテゴリー